Rustからposixとかlibcで使うような定数は割と簡単に参照できる

例えば、以下のコードはOSXではきちんと動く。

extern crate libc;

fn main() {
    println!("hoge = {}", libc::ENOMEM);
    println!("hoge = {}", libc::ENOENT);
    println!("hoge = {}", libc::EINTR);
    println!("hoge = {}", libc::ERANGE);
}

もちろんこれが独自ライブラリだと思うようにいかないので、適宜C実装してフォローしてあげる必要がありそうだけど。

なお、libcは当然のことながらプラットフォーム依存が強いので、ドキュメントはプラットフォームごとにある。
クロスプラットフォーム開発の時は、そこら辺も念頭に置いた方が良さそう。

夫婦で話し合う時間、どうやって確保していますか?

この記事は、妻・夫を愛してるITエンジニア Advent Calendar 2016 - Adventarの12/11日分の記事です。 前回はsyobochimさんでした。

10年。これが、カミさんとの結婚以来経過した時間です。

その頃から、夫婦で色々なことを話し合う時間を確保するのは、結構な苦労でした。
月250時間以上の稼働が長期間継続したことも幾度かあり、そういった時は、朝の挨拶くらいしか話す時間が取れないのもざらでした。

続きを読む