親と子供とMDM

この記事は、
「子供」×「ネット」 Advent Calendar 2014 - Adventar
の12/20分の記事です*1


我が家には、iOS機器が都合6台あり、そのうち、子供が触れるのは3台です。
子供には、3歳くらいから、使わなくなったiPhoneを、ある程度自由に使わせるようにしています。その結果、今うちの子は5歳ですが、すっかりスマホ操作が手に馴染んでいます。

自分がコンピュータやらその他の機械を恐れず、デジタルディバイドの向こう側に取り残されずに済み、あまつさえ生業にできた最大の理由は、幼少からファミコンというデジタル機器が身近にあり慣れ親しむことができたからではないか。そして多分、子供の時代にはよりそれらの必要性が高まるだろう。そうだとすれば、子供たちもある程度小さいうちから、自然の海や山や川や野原と同様、デジタルの世界に慣れ親しむべき。それが私の基本的な考えです。

とは言え、大人でも時に寝食を忘れてのめり込むくらいに、ネットの世界というのは魅力的です。まして子供であれば尚更。音声入力と文字入力を巧みに使いこなして検索することを覚えたうちの子供は、放っておくと何時間でもYoutubeを見ています。何も教えていないのによく覚えたな、と子供の柔軟性に舌を巻く一方、やり過ぎは制限しなければなりません。ある程度遊んだら止めてほしいし、どうせなら暇つぶしのYoutubeではなく学習アプリの方で遊んでほしいし、そろそろ文字を、タイプするだけではなく手書きすることも教えなければ...

前置きが長くなりました。
そんな人の親の強い味方、それがMDM(モバイルデバイス管理)です。

MDMって何?

辞書的な説明はこちら→MDMとは 〔 モバイルデバイス管理 〕 【 Mobile Device Management 】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典
掻い摘んで言うと、
「たくさんあるデバイスるを管理すること、また管理するためのシステム/ソフトウェア」
ということになります。
通常は会社で使うことが多いものですね。会社からスマホを持たされてる人には覚えがあるんじゃないでしょうか。
もちろん企業で使えるものなら個人でも使えないわけはないのです。

- でも、お高いんでしょう?

あなたやあなたの子供がAndroidをお使いなら、そうかもしれません。ぶっちゃけAndroidの事情はよくわかりません。
でも、iOSならそうでもありません。
既にMacでサーバを立てていたり、あるいはそこそこメモリを積んだ余ったMacがあれば、OSX Serverを入れればよいのです。僅か2,000円です。
そう、MacとiOSならね。

OS X Server

OS X Server

  • Apple
  • ユーティリティ
  • ¥2,000

- で、何ができるの?

デバイス1台、デバイスグループ、保有ユーザ、保有ユーザグループ単位での利用制限を掛けたり、ネットワーク構成を変更することができます。
設定は、難しいファイルを書くことなくブラウザ上から行えるので、よくわからない人も安心して操作できます。

とりあえず、サーバを立てたら、インデックスページからここをクリック
f:id:el-condor:20141223061144p:plain

すると、ログインのあとこの画面に来ます。
f:id:el-condor:20141223061324p:plain

ここで一番右側のペインの「設定」タブを選択
f:id:el-condor:20141223061644p:plain

そうすると、個別設定のところに来ます。
iOSのフィルタリングがらみの設定は「iOS」の「制限」(錠前アイコン)なので、左側のペインからそれを選択
f:id:el-condor:20141223061843p:plain

アプリのタブを選択した状態がこちら
f:id:el-condor:20141223061926p:plain

アプリそのものの許可設定及び年齢別フィルタリングは「メディアコンテンツ」を選択
f:id:el-condor:20141223062124p:plain

例えば、そろそろ一旦Youtubeを使えないようにするか、と思った場合には、ここでコンテンツのレートを操作して、9+くらいに設定します*2

一通り変更が終わったら「OK」を押して保存。デバイスに反映していいか、と聞かれたらまた「OK」とすることで、デバイスにプッシュで反映されます。
するとあら不思議、アイコンからYoutubeが消えています。

f:id:el-condor:20141223062737p:plain

OSX ServerのMDM機能には、他にも「ネットワーク」(無線LANなどの設定を定義できる)、メール設定、カレンダー設定など、面倒な設定が色々簡単にできる仕掛けがあるので、使ってみるとよいと思います。

*1:になるはずだったorz

*2:もちろん多少巻き添えを食うアプリも出ますがとりあえず今は気にしません